忍者ブログ
○●台湾で日本語教師●○
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25日は中秋節です。
24日を休みにして、土曜日から4連休♪
他の人たちも今日から休みなようで、バーベキューをする家が
ちらほら出てきました。

台湾では、中秋節にバーベキューをしたり、
月餅(ユエピン)やザボンを食べたりします。
バーベキューってなんかやけに現代的ですよね(笑)

ところで。中秋節にまつわる物語なんかご存知ですか?
諸説あるんですが、その中の一つを今日中国語の教室で
見て思い出したので、ちょっとご紹介。

***
昔々、一人の女神と、その夫である大変強い男がいました。
ある時空に突然10個もの太陽が出現しました。
太陽の熱で地上は熱せられ、乾き、人々の生活は困難を極めました。
その太陽を消滅させたのが、女神の夫である男でした。
10個あった太陽のうち、9個を消したのです。
地上の人々はその男に大変感謝をし、
男を国王にすることにしました。

ところが、男は国王になると一変し、傲慢で非情な人間になりました。
国民のことなど考えもせず、気分次第で人を殺しさえするように
なってしまいました。それでもなお、自分は国民に感謝されているのだと
思っていたのです。国民はまた苦しい生活を強いられました。

そんなある日、国王が不死の薬を手に入れてしまいました。
国民は、王がそれを飲んでしまえば 安心して生活できる日など
永遠に訪れないと思い、そうなることを大変恐れました。
国民の気持ちを知っていた女神は、その薬を国王から
盗もうと決心しました。
しかし国王の留守中に部屋に忍び込み、薬を持ち出そうとしたその時、
ちょうど国王が帰ってきてしまったのです。
慌てた女神はその場で薬を飲み干しました。
するとみるみるうちに体が軽くなり、女神は天へと昇っていきました。

天にたどり着いたものの、そこにいた神たちからは
人のものを盗むことは許されないとして、良く思われませんでした。
ここに住むことはできないと思った女神は、
さらに高く昇り、月に住むことにしたのです。

地上の人々は自分達を救ってくれたその女神に大変感謝し、
月が一年で一番丸く美しい8月15日にお祝いをするようになりました。

それが中秋節の始まりだということです。

***

と まぁこんな話があります。
文才がないので文章が拙いですが(笑)
日本の昔話にもいろんなバージョンがあるように、
けっこう細部が違うような話がいろいろありますが
だいたいこんな感じ。

ちなみに、月の丸いのは家庭円満の象徴だから、
月が一番丸くてキレイなこの時期に
家族全員集まってバーベキューをするってのもあるみたいです。

明日は朝7時の電車に乗って台北に行って髪を切ります。
それから友達とブラブラ。そのまま泊まって、
明後日は台南の友達の家のバーベキューにお呼ばれしてるので
行ってきます。
火曜日帰ってきてがっつり寝て
水曜日からまた学校です。
4連休、充実しそう



PR
この記事にコメントする
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/02 甘ちゃん]
[03/13 kan]
[03/13 kameko]
[03/10 kan]
[03/10 kameko]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kankan
性別:
女性
職業:
日本語教師
趣味:
カラオケと一人スタバ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
忍者ブログ [PR]
○sozai:グリグリの世界○ ○Template:hanamaru.